インプラントで矯正

インプラントは体内に埋め込む器具のことを指す言葉であり、今の社会においては人工の歯を指すことが多いです。
入れ歯やブリッジとは違って自分の歯のように使うことができるため、歯を失った人が自分の歯の感覚を取り戻すために利用することになります。
インプラントはこのように基本的に自分の体内へと器具を埋め込んでそれを失ったものの代用として利用していくことになるのが基本です。
しかし中にはインプラント矯正というインプラントを利用して矯正をする施術も存在します。

本来の埋め込むという部分のインプラントの技術を応用してできたものであり、矯正をする場所としては主に歯となりますが器具を顎に埋め込み、そこから歯に器具を取り付けて顎の器具を支点にして引っ張っていきます。
矯正のために埋め込むものであるため、矯正が終われば取り外すのが普通のインプラントと違う点です。
歯の矯正に関しては様々な方法があるため、必ずしもインプラント矯正を利用する必要性はありません。
しかしインプラント自体にも他の方法とは違うメリットがあるように、この矯正も他の方法とは違うメリットが存在します。

ではインプラント矯正を利用しての矯正にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
一方でメリットがあればデメリットが存在するのも当たり前であり、利用するのであればそのデメリットをリスクとして理解しておかなければいけません。
インプラントでの矯正にはどのようなリスクが存在するでしょうか。



【注目サイト】
器具を埋め込んで失った歯の代用として利用するインプラントの治療を行っている東京の歯科です > 東京 インプラント